ビンゴゲームのルーツ

日本人の中でビンゴゲームの経験者は数多く存在していますが、ではどれだけの人がビンゴゲームのルーツを知っているかといえば、あまりいないのではないでしょうか。

ビンゴゲームとはいくつかの数字の書いてあるマスの縦、横、斜めの数字を揃わせるゲームです。数字はランダムでなければならず、揃った時はビンゴ!と言わなければなりません。その為このゲームを利用して行事やパーティなど人の集まる中で盛り上がるゲームとしてよく利用されます。

ルーツとして1936年のアメリカで生まれたという説がありますが、元々は何かが偶然出来た時や驚いたときにビンゴ!と叫んでいたことからビンゴゲームという名前がつきました。そのビンゴの言葉の起源となると、いくつかのスラングからの変形で諸説あるということです。

結婚式や忘年会、送別会などで行なわれる多くのビンゴゲームは景品が用意されており、ビンゴになると景品がもらえる仕組みになっています。これからも場を盛り上げるゲームとして多くの場所で行なわれることでしょう。